お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7542-0533

再診・その他のお問い合わせ

03-6804-1293

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

お問合せ
お問合せフォーム

求人情報

港区の皆様へ

院長ブログ

大人用問診票

子供用問診票

facebook

ルカデンタルクリニックの特徴

女性外来

ライフステージに合わせたケアを

女性は1ヵ月の間にも女性ホルモンの変化があり、長い女性の人生の中でも思春期、妊娠、出産、更年期、閉経など…。
めまぐるしいホルモンバランスの変化があります。それに対応するだけの適応能力が備わっているはずなのですが…。

女性はそれぞれのタイミングでケアが必要になります。
カルシウム濃度は女性ホルモンによってゆだねられているのはご存知の方も多いはず。
とくに、閉経後女性ホルモンが減少することによって骨粗鬆症になってしまう方が多いのは、このためです。歯は骨に生えています。そのため骨が弱くなると歯周病のリスクは一気に高まり、この時期に入れ歯になってしまう方がとても多いのです。

また、妊娠すると女性ホルモンの分泌の高まりによって妊娠性歯周病になりやすくなります。日頃から手入れをしている人でも歯茎が腫れて出血しやすい状態になるため歯周病菌に感染しやすい状態になります。つわりのひどい人は胃液によって歯が溶けてしまう人がいるし出産の力み癖がついて、出産後しばらく経っても食いしばる癖が残ってしまい、歯の負担が大きくなることもあります。授乳が始まると、カルシウムやミネラルを子供にとられてしまうので、歯や骨が弱くなってしまいやすいのです。授乳時の寝不足や子育てに追われ、気が付いた頃には歯も歯茎もボロボロになってから、来院される方も少なくありません。

こんな時期こそ、きちんとしたケアがとても重要です。女性はそれぞれのライフステージに合わせたケアがとても大切なのです。

思春期

歯が生えそろいしばらくすると、咬み合わせが決定して、顎関節症が出やすい時期。歯周病になりやすい時期。

妊娠期

妊娠性歯周病が多く、月に一度のケアがとても大切。
子供への虫歯リスクを考えてキシリトールやフッ素を積極的に活用したい時期。
ルカ デンタル クリニックではマタニティ外来を行っております。

授乳期

カルシウムやビタミンD、マグネシウムなど栄養バランスがとても大切。
歯を支える骨を強くして子育ての疲れによって歯茎が弱くならないようにケアすることが大切です。

更年期

失われるカルシウムをより強いものにすることと、健康な歯の土台作りがとても大切。
入れ歯にならないことを目標に月に一度のこまめなケアが必要です。

閉経後

健康な土台作りに加えて、唾液の量が減少しないように心掛ける。
唾液の量が減ると(ドライマウス)味覚がしなくなり、舌が痛い、ヒリヒリするなどの症状が出てくることがあります。
唾液は口の中の汚れを洗い流す機能によって菌の繁殖を抑える役割の他に口の中を潤す潤滑油的な役割もあるので、唾液の分泌を促すケアがとても大切です。

無料託児サービス

あらかじめ問診票をダウンロードする事も可能です。
ぜひご利用ください。

問診票 子供用(16歳未満)

お子さまに「歯医者さんに行くのが楽しみ!」と思っていただけるように、ちょっとした遊びの空間を設けました。

幼児教育に携わった経験のあるスタッフや子育て経験者スタッフもおりますので、安心してお子さまを預けて治療に集中していただけます。

短期集中治療

遠方からお越しの方やお仕事、子育てなどでお忙しい方、ご結婚や就職、面接などを控えて急な治療を必要とされる方のために、できる限り短期間での治療を終わらせる治療プログラムです。

駐車場完備

ご利用の際は、ご予約時にお申し付けください。

アクセス

無料矯正診断

月に2回の無料矯正相談を行っております。お気軽にご相談ください。

矯正治療

お問合せ

PAGE TOP